デジタルサイネージ 福岡映像制作 

デジタルサイネージの活用が飲食店をはじめ、さまざまな販売 サービス分野で始まって効果を上げています。

福岡で映像制作 ビデオ作成 ビデオ撮影をおこなっている弊社へも様々なご相談をいただきます。

ポスターやネオンサインに加えて、大きなビジョンもあります。

近年、急速に広がり、街や駅中で見かけるようになりました。デジタルサイネージの最大の特徴は、動的なポスターであるという点です。

モニターの後ろには、スピーカーもついており音も流れるようになっています。

デジタルサイネージのワークフローは、一般的な映像編集とはちょっと違っています。

一般的な映像編集は、テレビジョン放送を中心としたワークフローに沿っています。

これに対してデジタルサイネージ映像編集は、設置された映像出力機器(例えばプロジェクターやHDTV液晶ディスプレイなど)に応じて最適なものである必要があります。

例えば、縦方向に設置されているデジタルサイネージ用ディスプレイに、一般的な横方向の映像を映し出せば、首を横に曲げて見ないと意味がまったくわかりません。

同じく青い色を強く強調したいのに、わざわざカラーレベルを放送基準に合わせるというのも、ナンセンスです。

また、サイネージが映し出されるディスプレイの比率も様々です。

さらに、このようなディスプレイが、横にも縦にも設置される可能性がある…、それがデジタルサイネージの世界です。

 

スマホの縦型画面でご覧ください。

 

 






Comments are Closed