BLOG 福岡の映像制作 ビデオ制作 動画制作 おすすめ

警備会社 ビデオ制作

投稿日:

警備業の果たす社会的役割
主要警備業務の特徴
警備業務の意義
警備実施業務の基本原則

平成28年末現在、全国の警備業者数は9,434業者、警備員数は54万3,244人となっている。

警備業は、施設警備、雑踏警備、交通誘導警備、現金輸送警備、ボディガード等の種々の形態を有しており、特に各種センサー、非常通報装置等の警備業務用機械装置を使用して、住宅、事務所、店舗、駐車場等における盗難等の事故の発生を警戒し、防止する機械警備業務(注)の需要が近年増加傾向にあるなど、国民に幅広く生活安全サービスを提供している。また、空港や原子力発電所等の重要施設での警備も行っているほか、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の警備対策においても大きな期待が寄せられるなど、警備業に対する社会的な需要は増大している。

警備業法においては、専門的な知識等を要し、事故発生時に不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがある警備業務に関し、警備員等の知識等に関する検定が設けられており、当該警備業務のうち一定のものについては、検定に合格した警備員の配置が義務付けられている。具体的には、空港保安警備業務、施設警備業務、雑踏警備業務、交通誘導警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務及び貴重品運搬警備業務について、それぞれ1級及び2級の検定が行われており、17年以降、1級検定合格証明書が3万3,049件、2級検定合格証明書が24万2,254件交付されている。

警察では、警備業が果たすこうした役割に鑑み、警備業法に基づき、警備業務の質の向上を図るとともに、警備業者に対する指導監督を行うなどして、警備業務の実施の適正と警備業の健全な育成を図っている。

SOTRYでは、生活安全産業としての警備業務の発展に貢献できるビデオ制作を行ってまいります。

-BLOG 福岡の映像制作 ビデオ制作 動画制作 おすすめ
-, , , , ,

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY  , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.