「 求人 」 一覧

リクルート用ビデオ、企業説明会用ビデオ

リクルート用ビデオ 説明会ブースに人が集まると感謝頂きます。 企業の発展は、人にあります。より良い人を採用するためにも、ビデオ制作は有効で、 弊社では、民間企業様はもとより、官公庁系の説明会ビデオも作成しております。 ポイントは、「人・ひと」です。短時間の間に、御社の魅力 御社の強み 御社の心を伝え、 多くの求職者の心に、御社のこころ伝えます。 笑顔を大切により良い人材が集まるようくふういたします。     お問い合わせ ご質問は こちら  

30代チャレンジ応援センター

30代チャレンジ応援センターとは 福岡 就職支援

30代チャレンジ応援センターとは 福岡県30代チャレンジ応援センターでは、おおむね30歳~39歳までの求職者を対象に、早期に正社員就職を勝ち取っていただくため、即戦力を身に付ける研修や、企業の採用担当者と直接交流するマッチングメニューを用意しています。 まずは、センターで登録を行い、キャリアコンサルタントにご相談ください。 即戦力を身に付けて正社員を目指しましょう!ご利用はすべて無料です。 センターではこんなことができます! キャリアコンサルティング これまでの経歴を振り返りながら、現状の把握と課題の抽出を行い、お勧めの研修などをご紹介します。 基礎研修(就職活動の基本が1日で学べる) 就職活動の基本的なスキルを身に付けるコースです。 必要なテーマを選んで1コマ単位で参加することもできます。 就職活動に必要な基本スキルをラインナップ 応募書類作成から面接まで一貫指導 OA基本講座              など 専門研修(営業職/販売・接客職/コールセンターオペレーター職) 業界ごとに必要なノウハウ・スキル等を営業職/販売・接客職/コールセンターオペレーター職にスポットをあて、専門的に学びます。 職種ごとに必要なスキル、対応力 職種ごとの楽しさややりがい、現場での苦労など本音がきける 業界理解 各業界担当者による実際の仕事内容説明会です。 説明会後は、担当者との相談会も実施します。 業界ごとの概況や特徴 業界ごとに必要なノウハウ 企業人講話 企業の人事担当者等、企業の方の生の声をきいて社会人としての心得や組織で働くための マナー・知識等を学びます。 企業人講師による業界の本音が聞ける 採用したい人物像などの座談会講座 出張相談会 福岡市域以外の地域でも定期的に相談会(キャリアコンサルティング)を実施しています。 30代限定合同会社説明会 合同会社説明会(県内4地区 各1回) 研修受講者限定ミニ合同会社説明会、ミニ合同会社面談会 全職種を対象とした合同会社面談会 1回 ★研修終了後も、コーディネーターやキャリアコンサルタントが一人ひとりの 就職活動を引き続きバックアップしていきます。   センターご利用の流れ 初回の方は登録受付、利用カードの発行を行います。 基本プログラムの案内 就職活動のプランニング オリジナル研修参加プランの作成 社会人として必要な基本スキルをラインナップ 応募書類作成から面接まで一貫指導 (OAスキルアップ、就活スキルアップ、模擬面接など) 就職活動に活かせる企業人講話 営業職、販売・接客職、コールセンターオペレーターで働くためのノウハウ講座 実務に必要な知識・技能から自己PR、面接まで一貫指導 合同会社説明会を4地区で実施。 研修受講者対象のミニ合同会社説明会・面談会の実施。 センター登録者は、同じフロアにある隣接するハローワークで、職業紹介を受けることができます。 ※ハローワーク閉庁日(日曜日・祝日)にもセンターでの職業紹介が可能です。 ※当センターでは、紹介ができない求人がありますので、お電話で求人内容をお問合せの上、ご来場ください。 TEL:092-720-8831 一人ひとりの就職活動をキャリアコンサルタントが個別相談でバックアップ。 フロアガイド ※画像をクリックすると各施設の詳細が見れます No related posts.

中小企業庁 中小企業白書

質・量両面で人材不足直面 「中小企業白書」概要

経済産業省中小企業庁が月内の閣議決定を目指す2015年版「中小企業白書」の概要が9日、分かった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵が十分に及んでいない中小企業が質・量両面で人材不足に直面している課題を指摘。インターネットを有効活用するなど、「人材確保の方策を多様化していくことが必要」と呼びかけている。 白書では中小企業の景況感について消費税増税後の悪化から「足元では持ち直しの動きも見られる」と分析した。ただ、円安で原材料の仕入れ単価が上昇して採算が厳しくなっており、「販売価格に転嫁できる対策が重要」と説明する。 また、大企業の海外進出が加速したことで相互依存関係が希薄化し、中小企業でも自ら需要を開拓する必要性に迫られている。なかでも優秀な人材の確保や技術開発の拡大に成功した企業の収益率は「大企業をしのいでいる」と強調した。 ただ、アンケートでは、「人材を確保できている」と答えた中小企業は4割強にとどまり、全国的に人手不足が広がっている。「応募はあってもよい人材がいない」という声が多く、質と量両面で人材確保が壁にぶつかっている。 そうしたなか、採用ではハローワークや知人・友人の紹介など従来の「顔が見える手段」が重視されており、「方法や供給源が極めて限られている」と分析。自社ホームページを活用したりインターンシップを実施したりする企業は少なく、「さまざまな採用手段の底上げ」を要請している。 一方、小規模企業(製造業なら従業員20人以下)の白書を今回初めて策定した。事業所数がピーク時から小売業で50%減、製造業で46%減とほぼ半減していることなど、日頃焦点が当たることが少ない小規模企業の実態把握に努めている。 No related posts.

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.