「 中小企業 」 一覧

no image

企業の採用選考にAI活用 就活生に対応策はあるか?

2017/07/06   -企業VP制作
 ,

企業の採用選考にAI活用 就活生に対応策はあるか?   世の中、AI(人工知能)ばやりですが、企業による採用・選考の場にもAIが活用される時代に入ったようです。  この話題、昨年夏あたりからマスコミでも取り上げられるようになりました。  例えば、ある大手の通信機器メーカーは、過去に企業の入社試験を受けた数千人のエントリーシート(ES)のデータと実際の合否の結果を参考に、その会社がどのような人材を採用してきたかをデータ化し、就活生が提出したESに記入された内容を分析して、採用候補者を絞り込むシステムを開発しました。 採用選考にAIが活用されるとともに、中小企業にとっては、どのように人を集め、戦力となってもらうのかをAIも活用して行う時代が来る予感がします。 この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています: 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡

年金情報漏えい問題とおなじことがあなたの企業でも その時あなたは 

2015/06/20   -テクノロジー
 ,

厚生労働省によると 「日本年金機構に対する、外部からの不正アクセスにより、国民の皆さまの個人情報が外部に流出した件について、6月1日に日本年金機構から公表と謝罪がありました。 日本年金機構が、悪意をもった攻撃を防げなかったことは誠に遺憾です。 今回の事案は、日本年金機構に対する外部からのウイルスメールによる不正アクセスにより、日本年金機構が保有する個人情報の一部が外部に流出したことが、5月28日に判明したものです。現時点で流出していると考えられるのは、約125万件です。 国民の皆さま方のご心配にお答えするため、日本年金機構に専用電話窓口(コールセンター)を設置したほか、対象となった方へは日本年金機構より個別に郵送にて、このたびの事情をお知らせするとともに、お詫びをさせていただいております。 さらに、対象となった方の基礎年金番号を変更させていただき、新しい基礎年金番号を郵送でお送りいたします。」 とでていた。 しかしながら、報道では、起きたことに対する批判を何度もパワープレイしているように思える。 根本的なセキュリティ対策は、システムのアップデート等プロに任せるとしても、我々で最低限知っておくべき事を今回は 特集したい。 IPA テクニカルウオッチを引用紹介する。 IPA テクニカルウォッチ 「標的型攻撃メールの例と見分け方」 1. はじめに 特定の組織や人から機密情報を窃取する「標的型サイバー攻撃」が深刻な脅威となって いるが、その中でも「標的型攻撃メール」が依然として猛威を振るっている1。 標的型攻撃メールは、不特定多数に大量に送られるウイルスメールとは異なり、特定の 組織や人にしか送られないため、セキュリティソフトの定義ファイルに登録される前に標 的とするメール受信者まで届いてしまう。 そのため、受信者がセキュリティソフトを利用 していても、被害を防ぐことが難しい。 また、メール受信者が不審をいだかないように様々な騙しのテクニックが駆使されてい るため、メール受信者は本物のメールと勘違いしてしまい、ウイルス感染の仕掛けが施さ れた添付ファイルを開いたり、本文に記載されたウイルス感染の仕掛けが施されたサイト へのリンクをクリックしたりしてしまう可能性が高い。 添付ファイルの開封や本文のリンク先にアクセスすると、遠隔操作ウイルス(RAT : Remote Access Trojan/Remote Administration Tool)に感染し、新たなウイルスの感染、 組織システム内へのウイルス拡散、情報収集、機密情報の外部への漏えい、システムの破 壊といった大きな被害へ発展することになる。 標的型攻撃メールについては、国内でも 2005 年頃から報道されるようになったが、特に 2011 年 9 月に大手重工の被害が報道されてからは、多数のメディアで取り上げられるよう になり、ここ数年は実際のメールが報道されることも多くなったため、目にする機会は増 えたともいえよう。このような標的型攻撃メールは、大手企業や官公庁だけでなく、それ らの組織と関係のある業界団体や中小企業に対して行われることにも留意が必要である。 加えて、プライベートで利用しているメールアドレスを一時的に業務メールで使用してい る、またはしていた場合には、プライベートのメール利用環境でも不審なメールに注意す る必要がある。 本書は、標的型攻撃メールの具体的な例を示すことで、メール受信者が標的型攻撃メー ルに気づくためのノウハウを培い、標的型攻撃メールによる被害が低減されることを目的 としている。 なお、標的型攻撃についての一般的な説明は、IPA から多数の資料を公開しており、それ らは「5. 参考資料」に示す。 1.1. 本書の対象読者  業務で電子メールを利用する人(プライベートのメールアドレスやフリーメールも 含む)  組織でセキュリティ教育に携わっている人(教材としての活用) 1.2. 注意事項 標的型攻撃メールの騙しのテクニックは日々進化しており、本書で説明する着眼点で全 ての標的型攻撃メールを見抜けるとは限らない。そのため、OS や各種ソフトウェアのアッ プデート、セキュリティソフトを最新の状態に保つといった基本的なセキュリティ対策も 合わせて実施する必要がある。 受信したメールを不審に感じた場合には、「メール文面を見た」「リンクをクリックした」 「添付ファイルを開いてしまったかもしれない」など些細な点も含め、組織で定められて いる運用 ルールに従い、組織内の情報集約窓口に速やかに相談・連絡することが重要であ る。 一方、情報システム担当部門は、利用者が不審なメールに気づいた際の情報集約の体制、 及び運用ルールを整備するとともに組織内に周知し、迅速に情報の集約が行える体制を整 える必要がある。さらに、これまでは攻撃の初期侵入を防止(入口対策)する事を前提と してシステム設定が行われていたが、利用者が標的型攻撃メールを見抜けずにウイルスに 感染してしまうなどの入口対策が突破され内部に侵入されることを前提とした上で、「侵害 拡大防止」、及び「監視強化」を目的としたシステム設計(内部対策)も講じていく必要が ある。 IPA では、その様な考えに基づいたシステム設計ガイドを公開している2ので、参考 にしていただきたい。 なお、組織の情報セキュリティ対策として、組織内の情報セキュリティ問題を専門に扱 うインシデント対応チームである CSIRT(Computer Security Incident Response Team) の設置が注目されている。 CSIRT については、一般社団法人 JPCERT コーディネーショ ンセンターより構築を支援する資料などが公開されている3ので参照いただきたい。 加えて、標的型攻撃メールを受信した際や標的型サイバー攻撃の被害に遭われた際には、 他の組織における被害の予防と拡大防止のために ...

工場 求人ビデオ 採用増加  人手不足解消

工場 求人ビデオ 採用増加 経済産業省中小企業庁が月内の閣議決定を目指す2015年版「中小企業白書」の概要が9日、分かった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵が十分に及んでいない中小企業が質・量両面で人材不足に直面している課題を指摘。インターネットを有効活用するなど、「人材確保の方策を多様化していくことが必要」と呼びかけている。また、大企業の海外進出が加速したことで相互依存関係が希薄化し、中小企業でも自ら需要を開拓する必要性に迫られている。なかでも優秀な人材の確保や技術開発の拡大に成功した企業の収益率は「大企業をしのいでいる」と強調した。 ただ、アンケートでは、「人材を確保できている」と答えた中小企業は4割強にとどまり、全国的に人手不足が広がっている。「応募はあってもよい人材がいない」という声が多く、質と量両面で人材確保が壁にぶつかっている。 そうしたなか、採用ではハローワークや知人・友人の紹介など従来の「顔が見える手段」が重視されており、「方法や供給源が極めて限られている」と分析。自社ホームページを活用したりインターンシップを実施したりする企業は少なく、「さまざまな採用手段の底上げ」を要請している。 そうした中 企業努力や効果のあるものとして、様々な企業さまより 採用動画制作のご依頼をいただいております。 HPや会社説明会用に、企業の魅力を伝えるイメージ動画を制作し、優秀な従業員の採用につながった等のお声もいただいております。       この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています: 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡

中小企業庁 中小企業白書

質・量両面で人材不足直面 「中小企業白書」概要

経済産業省中小企業庁が月内の閣議決定を目指す2015年版「中小企業白書」の概要が9日、分かった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵が十分に及んでいない中小企業が質・量両面で人材不足に直面している課題を指摘。インターネットを有効活用するなど、「人材確保の方策を多様化していくことが必要」と呼びかけている。 白書では中小企業の景況感について消費税増税後の悪化から「足元では持ち直しの動きも見られる」と分析した。ただ、円安で原材料の仕入れ単価が上昇して採算が厳しくなっており、「販売価格に転嫁できる対策が重要」と説明する。 また、大企業の海外進出が加速したことで相互依存関係が希薄化し、中小企業でも自ら需要を開拓する必要性に迫られている。なかでも優秀な人材の確保や技術開発の拡大に成功した企業の収益率は「大企業をしのいでいる」と強調した。 ただ、アンケートでは、「人材を確保できている」と答えた中小企業は4割強にとどまり、全国的に人手不足が広がっている。「応募はあってもよい人材がいない」という声が多く、質と量両面で人材確保が壁にぶつかっている。 そうしたなか、採用ではハローワークや知人・友人の紹介など従来の「顔が見える手段」が重視されており、「方法や供給源が極めて限られている」と分析。自社ホームページを活用したりインターンシップを実施したりする企業は少なく、「さまざまな採用手段の底上げ」を要請している。 一方、小規模企業(製造業なら従業員20人以下)の白書を今回初めて策定した。事業所数がピーク時から小売業で50%減、製造業で46%減とほぼ半減していることなど、日頃焦点が当たることが少ない小規模企業の実態把握に努めている。 No related posts.

倉庫管理システム

【倉庫管理システムの必要性】 物流現場(倉庫)の作業の大前提は、商品を取り間違えないこと、数え間違えないこと、誤って出荷しないこと、つまりミスのない、精度の高い作業を行うことです。しかし、物流現場の多くでは、入荷から出荷に至るまで、作業担当者が紙の伝票や指示書を見ながら手作業で仕事をしている場合が多く、どうしてもミスが起こりやすくなります。また、作業量が多いにもかかわらず人海戦術で対応していては、時間も手間もかかって非効率であり、担当者の体力的な負担にもなります。 物流現場の特性はさまざまですが、たとえば、取り扱う品目数が少ない、注文件数(出荷指示件数)が少ない、出荷先が少数に限定されている、出荷単位が大口であるといった現場では、倉庫管理システムの必要性はあまり高くありません。逆に、品目数や注文件数が多い、出荷先が多岐にわたっている、出荷単位が単品または小口であるといった現場では、作業ミスが起こりやすく、人海戦術では非効率であるため、倉庫管理システムの導入も選択肢の一つになるでしょう。 ただし、導入の検討に際しては、以下に述べるメリットと留意点をよく精査する必要があります。 【メリット】 WMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)は、物流業務、とくに倉庫内の業務に特化した情報システムです。そのメリットとして、下記の3点があげられます。 1.現場作業の精度向上・効率化 WMSでは、まず商品情報をデータベース化し、入荷、検品、保管、ピッキング、出庫などの作業を、主にバーコードリーダーで読み取る作業、あるいは情報端末へキー入力する作業で確認しながら進めます。これによって次のような効果が期待できます。 (1)ミスの低減 WMSには作業内容が端末の画面に順番に表示されたり、作業を誤った場合は音と画面表示で警告が出されたりするなど、などの機能が実装されており、人間が行う作業をシステムが支援し、かつチェックすることにより、作業ミスの発生を低減させることができます。 (2)作業の簡素化 伝票や指示書への記入作業や、現物の目視による照合作業などが基本的に不要になり、担当者の作業が従来に比べて簡単に、かつ効率的になります。 (3)作業の標準化 WMSの運用手順は、熟練者・初心者に関わらず、誰が作業を行っても一定レベルの生産性が保たれるように設計されています。経験豊富な熟練者個人の能力に依存するような作業は減少し、庫内作業の標準化が進みます。 2.コストの低減 とくに物流現場では、作業の主体は人間であり、物流コストに占める人件費の割合は高くなっています。コスト低減を図るには、いかに人件費を圧縮できるかがポイントになります。 WMSの導入によって業務が簡素化されれば、従来より少ない人員でも現場が運営できるようになります。誰が作業してもミスが起きない仕組みが確立すれば、正社員に代わってパートやアルバイトをさらに活用することもできます。これらにより、人件費の低減を図ることができます。 また、作業の効率化によって、以前より短時間で作業を終えられるようになれば、あるいは残業で対応していた作業が減少すれば、やはり人件費を低減させることができます。 そのほか、作業ミスや誤出荷が減少することにより、そのようなイレギュラーなケースの対応に要していた予定外の作業、人員、緊急輸送、倉庫間の横もちなども減少し、やはりその分の費用低減に寄与します。 3.リアルタイム性と可視性の向上による業務の高度化 作業精度の向上、コストの低減といった現場関連の効果以外でも、企業の全体的な生産性や効率性を高めるメリットがあります。 (1)リアルタイムでの状況把握 従来は、最新の在庫情報といっても先週末時点とか2日前とか、ある程度の時間的な隔たりがありました。しかし、WMS導入により、入出庫データなども即時に反映され、リアルタイムで在庫状況を参照することが可能になります。時差のない最新の在庫状況を把握することにより、状況変化に応じて、より的確で機敏なアクションを採ることができるようになります。 また、作業の進捗状況もリアルタイムで把握できるため、たとえば、進度の遅れている作業にほかの部署から応援者を回すなど、素早い対応も採りやすくなります。 (2)可視性の向上 WMSでは多くの場合、単独の倉庫ではなく複数倉庫の在庫状況が把握でき、また輸送中の在庫も把握できる機能ももっています。さらには、インターネットを利用して、刻々と変動する在庫や入出庫の進捗状況を簡単に照会できる機能もあります。 また、倉庫の担当者のみではなく、他部署の関係者あるいは社外の取引先さえも、権限を付与すれば自由に情報を参照することができます。 このような効果を「可視性の向上」と言いますが、これにより物流現場の生の情報を、生産や仕入の計画修正、発注の調整、適切な人材配置などに有効に活用できるようになります。自社のみならず、取引先も含めて展開することも可能であり、より全体的な視点での意思決定ができるようになります。サプライチェーンマネジメントで言う「全体最適化」を図る一助となります。 【留意点】 倉庫管理システムには、上記のようなメリットがありますが、その導入を検討する際には、以下の点に留意する必要があります。 1.コスト低減可否の慎重な精査 現場の作業精度向上が図れることは当然として、システム導入のポイントはやはりコスト低減にあります。人件費をはじめとして、そのほか関連するコストの低減が図れるかどうか、それがシステムに投資する金額に見合うものかどうか、慎重に精査する必要があります。投資金額に見合う効果がないと判断されれば、システム導入は回避し、コツコツと現場改善を積み重ねていくことも選択肢の一つになります。 2.現状業務の問題点および改善点の事前把握 コスト低減の精査のためにも必要なことですが、現在の業務の問題点、改善すべき点を事前に十分に把握することが必須条件です。現状がよく分かっていないままシステムだけを入れても、本来得られるべき効果がもたらされないはずです。最悪の場合、現場がいままで以上に混乱してしまう、より非効率になってしまうといったマイナスの影響さえも考えられます。あくまでも現場の業務改善と効率化、そして全体最適化が目的であり、そのための施策の一つとして、システムの導入を検討すべきです。 中小企業診断士 大塚 真太郎 No related posts.

3PL

3PL 【3PLの定義】 サード・パーティーとは、荷主でも運輸会社でもない第3番目の事業主体を指します。3PLとは、そのサード・パーティー(=3PL事業者)が、荷主の物流業務全体または一部を荷主から包括的に受託するサービスの形態です(図1)。サービスの内容は、輸送・保管といった基本的な機能に加え、流通加工、情報管理、受発注の代行、返品処理、さらには在庫拠点の立地や物流ネットワークの設計、カスタマーサービス窓口の代行など、さまざまな業務があります。 3PL事業者は、自社で倉庫や運送車輌などの物流資産(アセット)をもってサービスを提供する「アセット型」事業者と、自社ではこれらの資産をもたず、外部の倉庫業者や輸送業者をコーディネートして、サービスを提供する「ノンアセット型」事業者の2つに分類されます。 経営資源が不足する中小企業にとって、物流業務に競争力の源泉を置く必要がなければ、物流業務を外部に委託すること、さらに外部委託先として3PL事業者を活用することは、経営効率化策として考えられる選択肢です。 【メリット】 (1)経営資源の集中、コストの低減 一般的に、物流業務を外部に委託する大きな目的は、自社の貴重な経営資源を基盤事業へより集中させることによって、企業全体のコストを低減することにあります。 (2)最適な選択肢の採用 通常の物流業者と比較して、3PL事業者は「荷主の物流部門としての役割」を果たす点が大きく異なります。3PL事業者は、とくにノンアセット型の場合、複数の物流業者の候補から荷主の利益にもっともかなう業者を選択して、採用することが可能です。またその後も、委託した業者のサービス水準を客観的に把握して、継続的な改善に向けて交渉する役割をもっています。 (3)取引の簡素化と事務効率の改善 さまざまな物流関連業務を一括して委託できることから、物流関連の取引先の数が従来に比べて少なくなり、取引に関わる業務を簡素化できます。たとえば、連絡、交渉、契約、支払などの事務処理が軽減され、事務効率も改善します。 【デメリット】 (1)情報伝達や現場の運営管理が行き届かない懸念 物流業務を外部の事業者が行うことにより、実際の現場運営において、必要な情報が伝わりにくい、細かな管理が行き届かないといった懸念も出てきます。 事業者によっては、同じ倉庫で複数荷主の商品を管理する場合がありますし、とくにノンアセット型事業者の場合、荷主と倉庫会社との間にそのノンアセット型事業者がもう1社入ることになるので、商品特性や商品の取扱いに関する注意事項などが現場に十分に伝わりにくい、伝わっても徹底されにくいことが考えられますので、注意事項を確実に現場に伝える仕組みを検討しておくことが求められます。 (2)緊急時の迅速な対応への懸念 通常の業務以外に、たとえば輸送中の事故・トラブルや顧客からのクレームなどが発生したため、急に代品を手配して出荷する、といった緊急対応、イレギュラー対応も時として必要になります。しかし、外部の物流業者の場合、平常時はきちんとした対応ができても、このような緊急時に無理がきかないケース、あるいは業務委託契約で取り決めていないため対応が遅れるといったケースも考えられます。外部委託の場合は、あらかじめ緊急時の迅速性や融通性を確保する方法を検討しておくことが必要です。 3PL事業者に関わらず、物流業務の外部委託の検討にあたっては、その事業者の管理運営能力を見極めることが重要です。実際に業務を遂行している現場に足を運び、商品の保管・取扱や作業担当者の様子など、現場の状況を詳細に見せてもらうことをお勧めします。 中小企業政策研究会 No related posts.

企業情報

福岡の映像制作 動画制作会社 SOTRY の企業情報のページへようこそ。 私たちはインターネットで企業さまが利用できる映像 動画 を 制作する専門会社です。 多くのみなさまの応援により10周年を迎える事ができました。 今後よりいっそうお役に立てるようにがんばっていきます。今後ともよろしくおねがいいたします。 SOTRYの番組制作方針 SOTRYの番組は、見て、「分かりやすく」聞いて「理解しやすく」、顧客企業様にとって御社の お客様への便利を、より促進させる番組作りをめざしています。そのために、当社では、常に、 QOV(ビデオの質)を考えています。 そこには、「正確」で「わかりやすく」、「いつも検証しながら作成する姿勢」が大切であると考えています。 番組を制作する場合、それを見る・それを利用する対象は、誰なのかを常に考え制作します。 「百花繚乱」なひとびとにひとつのメッセージでは、乱暴かもしれないとSOTRYでは考えます。 その情報を必要とする人へ、シンプルにより正確でより多くの、信頼できる情報を届ける方法を考えています。 その番組が、24時間いきいきとして動き、世の中の役にたつ そんな番組をお客様と一緒に 作りたいと考え、行動しています。 企業情報 社 名       有限会社 SOTRY 英文社名     SOTRY Inc. 設立年月日    平成13年8月23日 会社所在地 オフィス 〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル3階 3F JRJP Hakata Building 8-1 Hakataekichuogai博多區福岡市福岡, 812-0012 Japan スタジオオフィス 編集室 〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街7-1博多駅前ビル3F TEL : 092-437-1110 FAX : 092-437-1123 代 表 者      代表取締役社長 斉藤 建一 経営革新法取得 SP、広報業務に特化したビジュアルコンテンツ制作、各種プロモーション支援サービス。 【業務概要】 ■ビデオ撮影 ビデオ取材 シナリオ制作 ビデオ編集 ・広報IR/セールスプロモーション映像の企画制作 ・イベント映像の企画制作 ・CMの企画制作 ■Web関連業務全般 ・各種Webサイトの企画制作/運営 ・各種システム開発 ・サーバーの構築/ホスティング/管理 ・モバイル動画等のリッチコンテンツ開発 ・adwords 代理店 ■プロモーション業務全般 ・企業プロモーション・PR業務 ・SP、PR関連ツールの企画・制作 アクセスマップ 詳細情報 JR博多駅駅より徒歩1分 弊社ご採用企業様の一部ご紹介いたします JA全農ミートフーズ(株)様 お茶の水血管外科クリニック アストラゼネカ様 セント・ジュード・メディカル(株)様 テルモ様 ヤクルト薬品工業様 ロイター様中外製薬様 久留米大学病院様 九州大学工学部様 九州大学病院様 医療法人 桃崎病院 大阪医科大学様 日本ゴアテックス様 熊本大学医学部付属病院様産業医科大学様 福岡大学病院様 福岡市役所様 福岡県中小企業振興センター様 福岡県教育委員会 福岡県様 福岡赤十字病院様 葉山ハートセンター様 株式会社BCC様 池田バスキュラーアクセス透析内科クリニック様 東通様 共同テレビ様 NIKKEN様 下関市薬剤師会様 株式会社東通様株式会社様 キョードー西日本様 株式会社ウッドオフィス様 株式会社アイアイ様 株式会社和気産業様 ジャスタイム国際物流有限公司様 株式会社 グッドマン様福岡大学医学部様 KOTRA様 福岡銀行様 桃崎病院様 あいあい薬局様 ももさき皮ふ科様 福岡市シルバー人材センター       多くの人の笑顔ににおかげさまでたくさんお会いできています。 この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています: 福岡でビデオ撮影で SOTRY が 選ばれる理由 博多BABYCITY 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.