「 マーケッティング 」 一覧

.福岡ビデオ撮影 ビデオ制作

動画マーケッティング インターネットで動画を視聴 

動画マーケッティング インターネットで動画を視聴 元 楽天リサーチより 全体の8割以上がインターネットで動画を視聴と回答、うち7割以上が週に1回以上 インターネットで動画を見るかを聞いたところ、全体では「はい」と回答した人が81.3%、「いいえ」と回答した人が18.7%で、8割以上がインターネットで動画を見ていることが分かった。「はい」と回答した人を年代別で見たところ、30代が91.0%と最も高く、20代の88.0%、40代の84.0%と続いた。最も数値の低い60代でも69.5%と約7割がインターネットで動画を見ると回答しており、インターネットでの動画視聴は一般的に普及しているということが分かる。 ◇インターネットで動画を見ているか(n=1,000)単位:% インターネットで動画を見ると回答した人に、視聴の頻度について聞いたところ、全体では、「週1、2回」が28.8%で最も多く、次いで「毎日(24.6%)」、「週3、4回(18.6%)」となった。このことから、7割以上が週に1回以上はインターネットで動画を見ていることがわかった。性別で見たところ、女性より男性のほうが毎日視聴をしている割合は高く(男性:30.5%、女性:18.2%)、その差は12.3ポイントとなった。特に、男性20代の4割(39.1%)が毎日見ていると回答した。 年代別では、20代、30代は「毎日」(20代:32.4%、30代:26.9%)視聴している割合が最も多いのに対し、40代以降は「週1、2回」(40代:29.8%、50代:43.9%、60代:28.8%)の割合が最も高く、年代が上がるにつれインターネットでの動画の視聴頻度は低くなることが分かった。 016年1月22日 楽天リサーチ株式会社 文字だけでの説明から 動画がスタンダードなものになります。 商品紹介 動画で視聴する人は今後ますます増えていく傾向はこんごもますます進みます。 動画導入はお気軽に御相談ください。   No related posts.

営業で活用する映像

ファンを増やすため、Web上に独自の番組をつくり、自社の魅力を伝える映像を制作したい

商品の売上を増やすとき、まず知っていただく ファンになっていただく 手にとっていただくことが必要になってきます。 そもそも誰に何を伝えたいのか、その想いを最も伝えられる方法は何なのかを一緒に考えます。 ターゲットは誰か、 ターゲットはどこにいるのか、 どのように接点を作り、 どのように興味・関心を持ってもらい、 どのように購買意欲を高めるのか整理されている必要があります。 ファンを増やすため、Web上に独自の番組をつくり、自社の魅力を伝える映像を制作したい。 この戦略をまとめ、同時にどのような映像を作り、またソーシャルメディアとの連携 ネットの活用 等をかんがえていきます。 24時間 365日 雨の日も 風の日も 雪の日も ハレの日も 一緒に戦ってくれる 映像 動画 を 作成し より良いマーケッティング を行いましょう。 お問い合わせはお気軽に。 関連ページも御覧ください。 この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています: デジタルサイネージ 飲食店 繁盛 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡

no image

オンラインマーケッティング 成功の秘訣 その1

オンラインマーケッティング 成功の秘訣 その1 #2: Start with short-term solutions まずはかんたんなことから始めましょう。 ヒト・モノ・カネが限られている場合、少しずつでも積み重ねることが必要となります。 最初の目標は、42.195km走りきることではありません。まずは、1歩そしてその次の2歩を歩み出すことです。       この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています: 商工会議所 新年祝賀会 360動画制作 2017 福岡

福岡のビデオ制作会社 SWOT分析

SWOT分析 福岡のビデオ制作会社の社長のBLOG

SWOT-analysen er en analyse værktøj, der skal bruges til at udvikle en strategi. )、 外部環境を機会(Opportunity)と脅威(Threat)、 に区分して分析します。 SWOTの名前は各区分のStrength、Weakness、Opportunity、Threat の頭文字をとったものです。 内部環境 内部環境とは企業の経営資源のことであり、人材の質、組織力、技術力、研究開発力など複数の要素から総合的に分析します。 さらにその結果をプラス面である強み(Strength)とマイナス面の弱み(Weakness)に分けてさらに分析を行います。 強みをどのように活かすのか、弱みをどのようにして補うのか、あるいは改善するのかなどの戦略を策定します。 外部環境 外部環境は大きくマクロ環境とミクロ環境の2つから成り立っており、企業自身ではコントロールすることができません。 ・マクロ環境 マクロ環境は政治的要因、経済的要因、社会的要因、技術的要因などのPESTフレームワークで分析します。 ・ミクロ環境 ミクロ環境は市場、競合、サプライヤーなど企業に直接的に影響を与える要素を分析して導きます。 そしてその結果をプラス面を機会(Opportunity)に、マイナス面を脅威(Threat)に分けてさらに分析を行います。 機会をどのように活かしていくのか、脅威をどのようにして避けるのかなどの戦略を策定します。   No related posts.

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.