IT導入補助金

レセプト AI ソフト マイティチェッカーとは IT導入補助金 ツール

投稿日:

レセプト 点検 AI ソフト マイティチェッカーとは IT導入補助金 ツール

レセプトの電子請求の時代になり、査定返戻対象となるレセプトの点検業務 業務の効率化 生産性の工場が更に求められています。

レセプト点検AIソフト マイティチェッカーは、

医事会計システムからレセプトデータを取り込み、「Mighty Checker PRO」が独自のデータベースを参照し、病名と医薬品・診療行為間の適応性を自動的にチェックします。正しいレセプトで適正な請求を実現します。

現状認識として、レセプト点検ソフト を利用すること 査定返戻対策について ビデオを制作しました。

まずは御覧ください。

1 査定返戻対策はされていますか?

1-1

インターネットとコンピュータの普及により、現在のレセプト点検は、大きく変化しています。

平成23年1月13日、社会保険診療報酬支払基金は保険者に対するサービス向上計画を策定し、これらの点検により、今まで査定されなかったレセプトが減点されるケースがたくさん出てきております。 新たな点検方法に対応するため、医療機関に想定される影響を理解したうえで、現場における業務上の対策が求められています。

 

 

電子化の進展でレセプト点検が変わりました。

平成23年1月13日、社会保険診療報酬支払基金(以下、「支払基金」)は保険者に対するサービス向上を図ることを目的として、これらの点検により、これまで査定されなかったレセプトが減点されるケースがたくさん出てきています。

新たな点検方法に対応するため、医療機関に想定される影響を理解したうえで、現場における業務上の対策が求められています。

平成25年には、支払基金のレセプト審査におけるコンピューターチェックの寄与度は55%程度でした。支払基金はこれを平成27年年度に70%程度とする目標を掲げており、コンピューターチェックはますます拡大していく方向です。

突合・縦覧点検による査定点数の推移(橋本氏による) 縦軸は支払基金の突合点検、縦覧点検による査定点数を表す。

従来、人の手を経た目視で行われ、一定の類型に属するレセプトに重点を置いた審査にならざるを得ない状況であった紙レセプトと違い、電子レセプトであれば、その適合性を多くのルールに対応する項目で判断することが可能になりました。

このメリットを活かし、「同一患者」をキーワードに医科・歯科・調剤の各レセプトの整合性を確認したり(突合)、最大12か月分のレセプトを参考に審査を支払基金が行う(縦覧) 点検をそれぞれ「突合点検」「縦覧点検」といい、この「同一患者」をキーワードとしたコンピューターによる点検作業は、今後もより広範囲に行われます。

多くのドクターを取材撮影させて頂き関係を持つなか、IT化の進行と医療事務の負担軽減のためにお役に立てないかという中でこの商品にであい、導入サポートもさせていただいています。

レセプト AI ソフト マイティチェッカーとは IT導入補助金 ツールについては 、お気軽に御相談ください。

TEL:092-437-1110 info@sotry.jp まで

 

-IT導入補助金
-, , , , ,

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.