新規投稿

オートポリス サーキット で体験走行しました(スタッフの休日) 

投稿日:

休日 かねてから行きたいと思っていた 熊本と大分の間にある サーキット オートポリスに行ってきました。

オートポリスの歴史についても大変興味があり、ここで書くと大変長くなりますので、また、ウエブセミナー等でお話できたらと思います。

今日はオートポリスへ行った体験日記を記したいと思います。

6月のある休日 熊本と日田の間にある 九州のサーキット オートポリスへ 行きました。

インターナショナルレーシングコース

全長4,674mの長さを誇る国際公認コース。ホームストレートは902m、高低差は52メートル、最大上り勾配7,2%、下り勾配10%のアップダウンの激しいテクニカルコース。その為、タイヤの磨耗度が激しく、一部のレーサーからは「タイヤ泣かせのコース」といわれている。日本では珍しく、ピットロードがコースの外側にある。よって、ピットから見るとマシンの走行方向が他のサーキットと逆になる。 元ホンダF1の責任者桜井淑敏がコース監修を行った。

レイクサイドコース

全長1,760m。 カートやドリフト走行会、市販車試乗会等に使われる。 WIKIより

走行予定 撮影予定は ありませんでしたが、ラッキーなことに走る機会をいただきましたので

こちらで少し紹介いたします。

先導車 DRIVERS CARです

私の車は ゼロクラウンでした。みんなには少し笑われましたが、完走できました。

立派なコース 約5キロです。 走りやすいコースでした。また走りたいと思います。みなさんもいかがですか?

-新規投稿
-

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY  , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.