患者向けの疾患・治療方法説明映像 心臓の働きと血液の循環 ビデオ制作

患者向けの疾患・治療方法説明映像 心臓の働きと血液の循環 ビデオ制作

患者さんやそのご家族に、疾病の状態や今後の治療について、正しく理解していただくために、専門用語は使わず、見て分かるグラフィカルなコンテンツをご提供いたします。

インフォームド・コンセントに動画を活用しましょう。CGとアニメを駆使し、わかりやすいビデオを制作いたします。

インフォームドコンセントとは
医療従事者から十分な説明を聞き、患者が納得・同意して自分の治療法を選択すること。1960年代に米国で起きた患者の人権運動に伴い、従来の患者に対する医師の権威主義的独善的態度(医師のパターナリズム)を批判し、患者中心の医療を求める声が高まった。この過程で、新しい医療倫理の考え方を反映した裁判基準として確立されたのが、この概念である。(保健医療行政ミニ語集より引用)

アドボカシーとは
本来、「擁護」や「支持」「唱道」などの意味を持つ言葉で、日本では、「権利擁護」の意味で用いられるようになってきた。医療現場では、自らの権利を十分に行使することのできない患者の権利を代弁することとされる。

(日本看護協会)

お忙しい医療現場のサポートツールとして、病態解説や服薬指導、
また治験解説など、患者様へのインフォームドコンセント用動画ビデオを制作致します。

病院内の取材に際しては、長年の経験を生かし、院内マナーを遵守できるような体制となっております。

患者のみなさまが、よりわかりやすく、また、利用するモナ様に喜ばれるようなビデオを制作いたします。

ご不明な点は、メールかお電話でお気軽に問い合わせください。

 

 

 

 






Comments are Closed