会社方針

わたしたちは、ひとがすきです。

仕事をとおして人間のすばらしさを発見するとともに、それを伝えていきたいと考えます。

元気になるようなビデオをつくっていきたいと常に考えています。

私たちはお客様とともに利益増大を目指してビデオの作成をいたします。

私たちは法令遵守してビデオを制作してまいります。

私たちは常にチャレンジ 実験してまいります。

私たちは高速無線社会(毎秒1G時代の足音を確かに聞き)に対応できる企業広報の形を研究実践していきます。

私たちは人やものが生み出す様々な情報を分析し、マーケッテイングや業務改善に役立て、競争力向上に貢献いたします。

私たちはクラウドサービスの対応に積極的に取り組みます。

代表取締役 斉藤 建一

SOTRYの番組制作方針

SOTRYの番組は、見て、「分かりやすく」聞いて「理解しやすく」、顧客企業様にとって御社の
お客様への便利を、より促進させる番組作りをめざしています。そのために、当社では、常に、
QOV(ビデオの質)を考えています。
そこには、「正確」で「わかりやすく」、「いつも検証しながら作成する姿勢」が大切であると考えています。

番組を制作する場合、それを見る・それを利用する対象は、誰なのかを常に考え制作します。
「百花繚乱」なひとびとにひとつのメッセージでは、乱暴かもしれないとSOTRYでは考えます。
その情報を必要とする人へ、シンプルにより正確でより多くの、信頼できる情報を届ける方法を考えています。
その番組が、24時間いきいきとして動き、世の中の役にたつ そんな番組をお客様と一緒に
作りたいと考え、行動しています。