BLOG 福岡の映像制作 ビデオ制作 動画制作 おすすめ

5F分析

更新日:

5F分析とは、マイケル・E・ポーター(Michael・E・Porter)が示した、企業を取り巻く業界構造の把握のための方策である。
業界内の競争に影響を与える要因を5つに分類し、それぞれの力の強さや関係性を分析することで、業界構造の特徴を明らかにすることができる。

【5Forces】
既存競合者同士の敵対関係
新規参入の脅威
代替製品・代替サービスの脅威
買い手の交渉力
供給者の支配

M. E. ポーター は産業組織論のSCPパラダイムという考えをもとに、持続的な競争優位を確立するための戦略を提唱した。SCPパラダイムとは、市場構造(structure)、企業行動(conduct)、業績(performance)の頭文字をとったもので、市場構造と企業行動が業績を決めるという考えである。

 ポーターは市場構造の分析するためのフレームワークとして「5つの競争要因」を掲げている。1)新規参入の脅威、2)供給業者、3)買手(顧客)、4)代替品、5)競合企業、の5つの要素である(図表1)。これらが業界の中でどう作用しているかにより、競争自体の激しさや企業の収益が変化することを指摘している。そしてこれらの5つの競争要因を分析することによって、自社に有利なポジショニングを図ることを提起している。

 まず、図表1に示されている5つの要因のうち、「新規参入の脅威」をみていこう。業界に新たに参入する企業がいくつも出てくれば、販売価格の低下や製品提供コストの上昇などにより、企業の収益率は低下してしまう。新規参入のしやすさは、業界の参入障壁の程度によって分析ができる。

 次に、「供給業者」と「顧客」の「交渉力」に着目しなければならない。売り手、すなわち供給業者は、常に自分たちの製品をより高く売りたいと考えている。買い手、すなわち顧客(消費者)もまた、常に良い商品をより安く購入したいと考えている。この恒常的な欲求に対して、「売り手」と「買い手」がどの程度の力をもっているのかを分析する必要がある。

 供給業者、つまり売り手が寡占状態であれば、売り手の交渉力は強まり、逆に分散していれば弱まる。また売り手が代替品と競争する必要があれば、売り手の交渉力は弱まり、売り手にとって買い手がどの程度重要な顧客か、といった点を分析すれば、売り手の交渉力を分析できる。買い手についても同様に分析が可能である。例えば、買い手が少数企業に集中しており、売り手の取引の多くを占めている場合は、買い手の交渉力は上がる。また、売る製品が差別化されているか、取引先を変えるコスト(いわゆるスウィッチング・コスト)が低いか、買い手が製品に対してどのくらい情報をもちうるか、といった点を見ることによって、買い手の交渉力を見極めることができる。

「代替品」とは、別の製品に取って変わられる機能やサービスを提供する製品のことである。代替品が現れると価格設定に上限が設けられてしまい、業界の収益性のポテンシャルが押さえつけられてしまう。特に、「その業界の製品をコストパフォーマンスの点で上回る傾向にあるもの」と「収益力の高い業界が生産しているもの」について注目すべきとしている。

 最後に「業界内の競合企業」であるが、これは既存のライバル企業との競争関係がどうなっているかということである。例えば、競争が激しく、1つの業者が価格を大幅に下げた場合、他の業者の反撃や報復といった競争行動をどのようにとってくるのかについても分析しなければならない。
 これら5つの競争要因というフレームワークを用いて市場構造を分析することで、業界の魅力度を測ることが可能となる。

-BLOG 福岡の映像制作 ビデオ制作 動画制作 おすすめ
-

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.