デジタルサイネージ 制作 販売 活用

デジタルサイネージとは  

更新日:

1 デジタルサイネージとは

屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するシステムを総称して 「デジタルサイネージ」と呼びます。
ディスプレイの発展、デジタルネットワークや無線LANの普及とあいまって、施設の利用者・往来者に深く届く新しい広告/コンテンツ市場が形成されています。

デジタルサイネージコンソーシアムhpより

利点[編集]
テレビCMのように不特定多数に同じ広告を流すのではなく、設置場所の地域性を考慮した視聴者ターゲットの設定を行い、その特定層に焦点を絞った広告メッセージが発信できる。
ネットワーク対応機の場合は、通信ネットワークを使ってリアルタイム操作・情報配信が可能。またスタンドアロン機の場合も多くの場合USBメモリやSDメモリーカード等の記憶媒体を介し、表示される広告内容を随時変更できる。したがって、最新情報が提供できるため視聴者の注視度が高まる。また、設置地域に即したリアルタイムなキャンペーンなどの情報配信が可能となる。
ポスターやロール・スクリーン看板のような印刷物の取替えの手間がかからない。
動画が表示できるために、視聴者の注目度が高まる。
1台の表示機でも複数の広告主に対して、広告表示枠を秒単位で切り売りできる。
ビデオ・ウォールやイルミネーションとしての使い方にも発展させることができる。
上記の点で、従来の紙のポスターや同じ静止画を切り替えるだけのロール・スクリーン看板、同じ動画映像を(比較的小さな画面で)繰り返し再生するだけのビデオ・ディスプレイと比べて、優れた広告効果が期待できる。
設置場所[編集]
設置場所としては、ビルの壁面、デパート、スーパー、銀行、ホテル、映画館、アミューズメントスポット(パチンコ屋)、病院、空港、駅、美術館などがあげられる。 欧米では既に一般的なシステムとして成立しており、街の至るところで散見できる。また、その範囲は公共だけにとどまらず、高速道路SA、大学のキャンパス・インフォメーションから企業のオフィスにおけるデジタル掲示板としてその活用範囲は拡大している。また道路脇の建物に設置する場合はそのポイントで渋滞がよく発生するかどうかも重要である。
日本国内の例では、渋谷のスクランブル交差点に面した4つの巨大な街頭ビジョンや、JR東日本山手線等の車内のトレインチャンネル(名称は各鉄道事業者によって異なる)がある。
広告以外での利用[編集]
主に商業用途の広告や販促ツールとして使われているが、ホテルのコンシェルジェ(案内係)のような案内・相談ツール、駅や空港での案内板、学校や会社内、地域共同体でのコミュニケーションツールとしても使用が可能である。

WIKIより

-デジタルサイネージ 制作 販売 活用
-

Copyright© 福岡ビデオ撮影 ビデオ制作 SOTRY , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.